行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィーク真っ只中ですが
ワーカーホリック(死語?)に半分侵されている私は
事務所で普段出来ない調べものとか
資料整理などをして過ごしています

その日の行動はその日の朝考えるみたいな毎日(笑)

で、今回ご紹介する本はこちら

説得の心理術

表紙がおどろおどろしいのでちょっと引きますが(笑)

営業や販売というのは不思議なもので
同じ商品を売っていても

売れる営業マンはがんがん注文を取ってきますが、
売れない営業マンは全然注文を取れません。

2人とも商品知識のレベルは同じくらい、

売れない営業マンに熱意が
ないわけでもありませんし、

売れる営業マンが顧客に
恵まれているわけでもありません。

では、この2人の違いとは
一体何なのでしょうか?

カルト教団の洗脳や心理操作に詳しい
全米屈指の説得術のエキスパート
デイブ・ラクハニによると

カルト教団の信者と同様
顧客の「欲望」には必ず6つのものが
含まれていると言います。

そして、その6つの欲望を
すべて満たしてあげれば

顧客はまず間違いなく
商品を購入してくれると言います。

逆に、6つの欲望を
満たすことができなければ
成約率はがくんと下がってしまうのですが、

5つのシンプルなステップで
顧客に説明することで、

この6つの欲望は誰でも簡単に
満たすことができると言います。


もちろん、これは営業だけでなく
広告・宣伝でも使えるテクニックです。


では、その6つの欲望とは何か?
そして、それを確実に満たす
5つのステップとは?

この新刊本「説得の心理技術」
の中で知ることができます。


http://directlink.jp/tracking/af/1416358/LZcw8krs/
「説得の心理術」はこちら
[書評【説得の心理技術】]の続きを読む
スポンサーサイト
こちらをカチッとお願いします

立ち寄った品川駅構内の書店で見つけた一冊
内容的には若い女性向けだと思うのですが
私にとっても十分勉強になりました

超人気ワークライフバランスコンサルタントが教える キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方超人気ワークライフバランスコンサルタントが教える キャリアも恋も手に入れる、あなたが輝く働き方
(2008/03/14)
小室 淑恵

商品詳細を見る


偶然同じ著者の本を以前購入していて読んでなかったことに気付き
一気に2冊とも読んでしまいました

結果を出して定時に帰る時間術 (sasaeru文庫 こ 2-1) (sasaeru文庫 こ 2-1)結果を出して定時に帰る時間術 (sasaeru文庫 こ 2-1) (sasaeru文庫 こ 2-1)
(2008/02/07)
小室 淑恵

商品詳細を見る


ワークライフバランスという考え方
この2冊でよくわかります
こうした視点でのビジネスの組み立てはこれから必須であることを強く感じました

こちらをカチッとお願いします

さっきも「疲れた顔してますね」といわれてしまいました
「本当にデキる奴はどんなに疲れていても決して周りの人には悟られない奴だ」
というのが私のポリシー
だから私はまだまだです

ということで立ち寄ったセブンイレブンで
「本は迷ったら買え、の法則」にしたがって買ってしまった一冊

40歳から伸びる人、40歳で止まる人 (PHP文庫)40歳から伸びる人、40歳で止まる人 (PHP文庫)
(2005/10/03)
川北 義則

商品詳細を見る


わたしも今度の誕生日で2回目の成人式を迎えます
正直言って信じられません

こういう題名の本を読むような奴は絶対に40歳から伸びないと思いながら、買ってしまいました(笑)
著者は元東スポ記者で現在は生活経済評論家として活躍している方みたいです
日頃思っていることを記したという感じです

他にあと2冊買ってしまいましたが、読んだら書きます


こちらをカチッとお願いします


一昨日、昨日は高速バスや電車に乗っている時間があったため
格好の読書時間
ということで、東京駅に行くと必ず立ち寄る書店(店名は忘れた)で買った一冊
持ち合わせがなかった為、新書版でタイトルに目が行って買ってしまった

牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書 さ 5-1)牛丼一杯の儲けは9円―「利益」と「仕入れ」の仁義なき経済学 (幻冬舎新書 さ 5-1)
(2008/01)
坂口 孝則

商品詳細を見る


いろいろな商品の原価がいくら位だと解説
利益を出すには仕入れを効率的にすべきだということを延々と延べています
こちらをカチッとお願いします

以前から気になっていて
「気になった本はすぐ買うべし」の法則(そんなんあるの?)により
買ってしまった1冊

私は自分ではどちらかというと整理整頓は好きですが上手くないと自覚しています

佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
(2007/09/15)
佐藤 可士和

商品詳細を見る


単にモノの整理整頓だけではなく
考え方の整理法について触れています

なんだか、整理するのが楽しくなりそう、そんな気にさせてくれる一冊です
こちらをカチッとお願いします

今年最低でも週に一冊は本を読むことを目標にしました(実務書は除く)
いままでも、目標にしないまでもそれに近いものはありましたが
今年はあえて自分自身にノルマを課してみようかと思ってます

そこで今週買ったのはこの本
姫の告白姫の告白
(2007/12)
姫井 由美子

商品詳細を見る


実は姫井さんには私と共通するところがあって大変興味をもってました
1つは司法書士との兼業でしたが行政書士として仕事をしていたこと
もうひとつは青年会議所メンバーであったことです

「姫の虎退治」といったフレーズで参議院選の話題をさらった後
暴露記事が出て大変な逆風にさらされていますが
物事を見ていく上で大事なことは一方だけの言い分で判断するのではなく
まずは両当事者の話を聞くことが大事なのではないかと思っています

という訳で実は私は話題になった人や逆風にさらされている人の
告白本をよく読みます

内容は前評判ほどそんなに目くじら立てるものかと思えるほど
淡々と著者のこれまでの道のりと考えを述べたものだと思います

こちらをカチッとお願いします

「汗をかかずにトップを奪え!」
かなり挑発的なタイトルですが
今年一番最初に買った本がこれ

作者はあの「ドラゴン桜」の著者でもある三田紀房氏です
だいたいこの手の本を買う人はその時点で
絶対トップを奪えない人だよなあと考えながらも買ってしまうのですが(笑)・・・

中身もタイトルに負けず劣らず挑発的です
とくに気に入ったのが冒頭に出てくる
「正直者がバカを見る」のではなく
「正直者はバカである」というフレーズ
その意味は読んでみてください

汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾汗をかかずにトップを奪え!『ドラゴン桜』流ビジネス突破塾
(2007/11/16)
三田 紀房

商品詳細を見る


こちらをカチッとお願いします

昨年の暮れに買った一冊
移民国家ニッポン―1000万人の移民が日本を救う移民国家ニッポン―1000万人の移民が日本を救う
(2007/11)
坂中 英徳、浅川 晃広 他

商品詳細を見る


現在日本は国策として移民の受け入れを認めておりません
しかし、著者の坂中氏の主張は国民性やわが国の歴史からみても
日本ほど移民の受け入れに適した国は無いというもの
また今後わが国が生き残っていくためにはむしろ積極的に移民の受け入れを行っていくべきとの立場に立っての主張

私の意見はまだまとまっておりませんが心情的には移民の受け入れには否定的です
移民の定義にもよりますが・・・
こちらをカチッとお願いします

少し間をおいてしまいました。

今年の大河ドラマ風林火山も終盤戦です
結局全く触れず仕舞いですが、内容はかなり良かったと思っています。
で、来年の大河ドラマは
「天璋院篤姫」
幕末の薩摩藩島津斉彬の養女となり
13代将軍家定の御台所として輿入れ
しかしその後故郷の薩摩藩は
幕府を倒す先頭に立つこととなり
徳川家の立場から官軍薩摩と対置する数奇な運命を送ることとなる
一人の女性 天璋院篤姫 を描きます

新装版 天璋院篤姫(上) 新装版 天璋院篤姫(上)
宮尾 登美子 (2007/03/15)
講談社

この商品の詳細を見る

新装版 天璋院篤姫(下) 新装版 天璋院篤姫(下)
宮尾 登美子 (2007/03/15)
講談社

この商品の詳細を見る


これはその原作本
思わず2冊買ってしまいました

PS.
TTさんへ
いつも見ていただいてありがとうございます
今度実名で登場させていただいてもよろしいですか?
こちらをカチッとお願いします

長州ファイブ 長州ファイブ
松田龍平.山下徹大.北村有起哉.三浦アキフミ.前田倫良.原田大二郎.榎木孝明.寺島進.泉谷しげる (2007/09/28)
ケンメディア

この商品の詳細を見る


題名を見たときはプロレスのDVDかなと思いました(笑)

時は幕末、攘夷思想が吹き荒れる長州藩で
本当の攘夷とは何なのかを感じるため
本当の英国の姿を見てみたいと
当時の見つかれば死罪との国禁を犯し、
英国留学をし、実際の技術を学んだ
5人の長州藩士の物語です

造船、鉄道、造幣、文明・・・
命がけで西洋の技術や文明を学んだこの5人の姿に
きっと何かを感じることが出来るのではないでしょうか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。