行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛国心の次に毛利元就
特に意味はありません

今、
スカパー時代劇チャンネル
大河ドラマ「毛利元就」の再放送をやってます。
あんまり見られませんが・・・・・

中国の覇者大内氏尼子氏
挟まれ地方の小さな勢力でしかなかった毛利家は、
当主であった兄の毛利興元
なくなると元就がその家督を継ぎ
二男元春、三男隆景
吉川家小早川家を継がせ、
後に毛利両川といわれる体制を築き上げます。

そして
謀略と知略で大内氏尼子氏を滅ぼし、
中国の覇者となります。

ドラマでの元就はそんな謀略家の反面、
普段は優柔不断でぼやきが多く
その人柄で家臣をまとめ上げた情の人として描かれていました。

関が原の戦いでは、
西軍の総大将となった元就の孫毛利輝元
最後に寝返った隆景の養子小早川秀秋
などの存在もあり
毛利家の領地は今の山口県だけとなりますが、
外様大名となり
「そうせい侯」とよばれた
「そうせい」と言うだけで何もしない
毛利の殿様を拝する長州藩
自由な藩風の中で、
高杉晋作桂小五郎などを生み出し
その後幕末の中心となって行くことに歴史のドラマを感じます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。