行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

タイトルだけ見ると
アダルトサイトと間違えられそうですが
正真正銘、代書屋のお話です

前回との関連ですが
モーテルやラブホテルは
風俗営業法上
性風俗関連特殊営業のうち
店舗型性風俗特殊営業(法第2条第6項第4号)
といい、店舗型4号営業と言われ、
条文では
「専ら異性を同伴する客の宿泊(休憩を含む。以下この条において同じ。)の用に供する政令で定める施設(政令で定める構造又は設備を有する個室を設けるものに限る)を設け、当該施設を当該宿泊に利用させる営業」
と定義されています。

モーテルとは主に
自動車の車庫と個室が隣接して設けられ、直接車庫から個室の入り口に出入りできる構造のものを言います。
ただし、このモーテルを風俗営業のカテゴリーで規制するのは日本の他に例はあまりないようです。

もともと、外国では家族で利用することを目的につくられていて、
本来日本でも、もとはそのようだったのですが、
実際には、男女のカップルで利用されることが多く、
無造作に作られると、「善良の風俗と清浄な風俗環境の保持」という観点から問題であるということから、ラブホテルと同じカテゴリーで規制を受けることになったようです。

これらは、公安委員会への届出で営業が可能ですが、
法令で、ほとんどの地域で営業区域の規制がかけられていて
新規の開業は事実上、制限されているのが現状。

くわえて、届出の効力は一身専属的なものなので
営業権の相続という措置もなく
個人で既得権で営業規制区域で行っている場合でも
その個人が亡くなるとそこで廃業するしかなくなります。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。