行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

来る12月10日は茨城県議会議員選挙の投票日です。
告示は12月1日で私の住まいは茨城県鹿嶋市選挙区

去る、11月24日に隣の選挙区である旧鹿島郡選挙区で
社団法人かしま青年会議所が主催での
立候補表明者による公開討論会が開催されました。
開催時時点で立候補表明者5名中3名の方が
開催趣旨をご理解頂いた上でパネラーとしてご参加くださいました。

私が1票を有している鹿嶋市選挙区は
新聞での情勢分析によるとどうやら現職の方しか立候補しないため
無投票になる公算が大きいとのこと

ある人が
「自由とは選択肢があることだ」
ということをおっしゃっておりました。
「だから将軍様がいる某国は自由ではない、なぜなら選択肢がないからだ」とのこと・・

なるほど
無投票ということは県議選にかんしては選択する権利が無いということ
つまり鹿嶋市民は自由ではないということかあ

しかし、選挙にでるというのは私のような凡人には
計り知れないエネルギーを要するもの
なにしろ、自分のアップの顔写真のポスターを
町中の掲示板に貼ってあるいて挙句の果てに
自分の名前を大きく書いた車を走らせながら自分の名前を言って回る

これだけでも信じられない行動
絶対自分には出来ない

振り返って、
無投票も一つの民意の表れ、との考え方もあるのは確か
しかし、間接民主主義を採用するわが国にあっては
選挙で代表者を「選ぶ」という行為がその制度の前提となっている

だからと言って私には何も出来ませんが・・・
内田健三門下生としてせめて政治にだけは理想を求め続けたい・・・・

日本政治は甦るか―同時進行分析 日本政治は甦るか―同時進行分析
井芹 浩文、早野 透 他 (1997/01)
日本放送出版協会

この商品の詳細を見る


政策、人柄から客観的に有権者が選択権を行使して
結果が出たらそこでリセット
選ばれた方は任期いっぱい思いっきり仕事をして
任期が終わったら仕事ぶりを検証し
続けてもらうか別の人に代わってもらうかを
また、有権者が冷静に判断する

これを繰り返しながら、庶民の生活水準の向上
いいものはいい、だめなものはだめと、是々非々で対処できる政治

こういう気持ちだけは
ひとりの有権者として持ち続けていたいです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。