行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

あるブログのコメントに、自分の好きな自治体に
住民税を納税できる制度があるというような趣旨の
書きこみがあったので、本当かどうか調べてみたら

ふるさと納税制度

というものがこの4月に始まったようです


正確に言うと、あたらしい制度が創設されたのではなく
既存の寄附金控除が拡充されたというものです

都道府県や市区町村に対する寄附金のうちで、
5000円を超える部分について、個人住民税所得割の概ね1割を上限として、
所得税と合わせて全額が控除されるというもの。
平成20年中に寄付金をした場合は、
平成20年の所得税確定申告により税額控除がなされ、
個人住民税は平成21年度分が減額されます。

平成20年地方税制改正について

住民税の所得割概ね1割が上限ということで
住民税の全てを好きなとことに納められるわけではありませんが
これまでの所得控除から税額控除に変更になったということで
それでも、自分の納める税金の利用のされ方に
自分の意思を反映させることの出来る制度の創設といっていいかもしれません
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。