行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

ホントは読了後にブログ上で
紹介しようと思ったんですが
時間がかかりそうなのと
はやくブログ上に掲載したかったので
とりあえずご紹介します

山縣有朋の挫折―誰がための地方自治改革山縣有朋の挫折―誰がための地方自治改革
(2011/11/23)
松元 崇

商品詳細を見る


以前から徳川幕府から明治政府への
政権の移行の過程について
出来るだけ時系列的に詳細な資料が見たいなと
思っていたんですが
おそらくこの本が今までで最高かも

それと、これまで明治政府が
中央集権政府であったとの
一般的なイメージが実はそうではなかったこと
大久保利通が考えていた地方自治や
山県が考えていた地方自治
それに対して実際にどのようになっていき
それがどのような背景からかなど
教科書的に面白い書です

題名からは山縣の伝記のような印象ですが
むしろ江戸時代後期から昭和初期にかけての
統治機構の移行過程をわかりやすく解説した本

時間かかるかもしれませんが
腰を据えてこの辺勉強してみたいなあ・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。