行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

福島正則ら7名の武将が三成を討つべく挙兵した。
ところが三成は家康のもとに逃げ込んだ。
家康は三成を生かすかわりに蟄居を命じた。

その後家康は伏見城に入城し、秀頼の後見人として事実上の天下人となった。
大老、奉行たちの会議の席で、毛利輝元は勝手に政を進める家康を批判したが、
家康はこれに応じず、逆に三成と兼続こそ、天下の政を私物化していると糾弾。
これを聞いた景勝と兼続は猛反論し緊張が走る。
家康は景勝に帰国を促したが、これを家康の挑戦であると読んだ景勝は帰国を決断した。

上杉が京から引き上げる中、兼続は一人、三成を訪ねる。
三成は兼続に対して家康に立ち向かい正義を示すことを決意した。
二人は夜を徹して対家康の作戦を練り、平和が訪れた後の夢を語り合う。
お互いの熱き友情を感じた二人は、無事の再会を誓って別れる。
これが二人の永遠の別れとなった。

会津に戻り、国造りにいそしむ上杉に対して家康の脅威が迫っていた。

天下分け目の関ヶ原まであと少し。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1054-8104e6c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。