行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

民主党が参議院選挙敗北の責任問題で揺れています

日本国憲法は前文で
「日本国民は正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し・・・」
と述べています。
日本の国の仕組みの基本は、選挙によってもたらされています
選挙とは、この人に託そうと信頼する人を選ぶということ
そこにあるのは信頼でなければなりません

信頼とは信じて頼ること
信じて頼れるには、まず約束がきちんと守られなければならない

民主党が今回失ったのは、約束を守っていないからに他ならない
民主党は前回の選挙で
「国民の生活が第一」と言っていた。

しかし、今回の選挙では他国の財政破たんを引き合いに
「強い財政」のために増税を言い出した。

前回の約束をまだほとんど何も守っていないのに
まったく別のことを言い出した。

だから、有権者は怒ったのだと思います。

民主党再生の処方箋は
今回唐突に言い出した、消費税増税は一旦撤回して
衆院選でのマニュフェストを忠実に実行することだと思います

民主党マニュフェスト2009

国家戦略局はどうなったのでしょうか?
国会改革はどうなったのでしょうか?

ただ、唯一の民主党にとっての望みは議席数では大敗ですが
票数では自民党を上回っていることでしょう

各選挙区の民主党衆参の議員は選挙区の有権者にきちんとマニュフェストの進捗状況を説明すべだと思います。
そして有権者との約束は守ることがあたりまえの政治の姿であることを体で示すことだと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1369-1136a757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。