行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

小沢一郎氏が検察審査会の
第2回目の審査でも「起訴相当」の議決

結局強制起訴となることが確定しました
これで小沢氏の政治生命も終わってしまうのでしょうか

日本の今の政府もなんだかぱっとしない感じ
検察の組織もガタガタ
マスコミの報道も一貫性を感じない
なんだか先が見えないというか
未来に何の希望も感じないような世の中に思えるのはなぜなんだろうか?

最近回りで、自殺したり病気でなくなったり、
行方不明になったりといった、そんな話題が多い

色々と賛否はありますが
少なくとも小沢氏には
日本の政治の活性化のためには
政権交代が可能な政治システムが
日本にもなければだめだという想いがあって
そのために、自民党を離党という行動に出ました

理想は語るが、言うだけ批判するだけという人が多い中で
実際に行動しなおかつ結果として実際に政権交代を実現させました

これは紛れもない事実


ものごと大事なのはやはり
こうしたい、こうありたいと思ったときには
冷静にどうすればいいのかを見極めて
一つ一つ着実に実行してゆくことだろうと思います

確かに過程では細かい失敗とか、間違いもあるかもしれません
しかし、失敗したら学べばいい
間違ったら直せばいい

そうしてまたひとつづつ進んでいけばいいんですよね
小沢氏はまさにそのことを実現させたんだと思います

小沢氏が結局、ここで失敗してしまったのは
田中角栄氏が言ったことば
「政治で大事なことは、敵を減らすことだ」
ということを実践できなかったことなのかなと思いました


民主党代表選挙のさなか
小沢氏は歴史上の人物で尊敬するのは大久保利通と言っていたようですが
今はむしろ江藤新平になってしまっているのかなあという気がします

法の下に万民は平等であるという理想の国づくりのために邁進し、
人民本位の法治主義実現のため、裁判制度を整備し、
官憲の横暴を戒め、警察機構の基礎作りにも従事した江藤は
派閥争いに敗れて最後は、大久保支配の官僚機構に破れ
さらし首になってしまう・・・・

小沢氏がこの世の中でさらし首のようにならないことを願ってやまない

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1454-919802ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。