行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

相続税の増税議論に着手 基礎控除引き下げを軸

政府税調は現行の相続税制について
基礎控除の額を下げることで、相続税を増税することで検討しているそうだ

現在の基礎控除は
5000万円プラス1000万円×法定相続人の総数ということで
たとえば法定相続人が配偶者と子供2人の場合
8000万円が基礎控除額となり、ここまでは相続税がかからない

今回の相続税の増税にあわせて、贈与税を減税し
とくに孫に対する贈与も減税対象として、
孫への贈与を誘引するような制度にするそうである

本来すべての国民に平等な機会を与えるという視点に立つならば
階級社会の固定化するような相続制度自体を否定するべきだと考える

私見ではあるが、配偶者への相続は非課税で良いが
子への相続はもっと増税しても良いのではないだろうか
その上で贈与に関しては少しだけ相続より税を安くする

特に相続税なんぞは、100%近い課税をする
贈与税は税率50%とかにする
そうすることで、すべての国民に平等な機会が与えられることになる
加えて、ベーシックインカムの導入

ちょっと極端だろうか・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1490-6cc675c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。