行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

連日、市川海老蔵さんのニュースでもちきりですね
ということで、せっかくの機会なので市川団十郎について調べてみました

市川団十郎家は歌舞伎の市川流の家元、市川家の宗家に当たります
よって市川団十郎という名跡は市川宗家のトップということになります

歌舞伎という名称は、戦国時代の末期から江戸時代の初頭にかけて京や江戸で、
派手な衣装や一風変った異形を好んだり、常軌を逸脱した行動に走る者を示した
「かぶき者」ということばから来ていると言われています。
「かぶき者」の斬新な動きや派手な装いを取り入れた独特な「かぶき踊り」が
慶長年間に京・江戸で一世を風靡し、
これが今日に連なる伝統芸能「かぶき」となっているそうでうす。

漫画「花の慶事」に出てくる前田慶次郎は
そうしたかぶき者の典型的な姿として表現されています
花の慶次 1 (TOKUMA FAVORITE COMICS)花の慶次 1 (TOKUMA FAVORITE COMICS)
(2007/01/11)
原 哲夫、隆 慶一郎 他

商品詳細を見る


その後「かぶき」に「歌い舞う芸妓」の意から「歌舞妓」と当て字がなされ
寛永年間に遊女歌舞伎が禁止されたことから、芸妓に連なる「妓」の字に代わり
伎楽に連なる「伎」の字を用いた「歌舞伎」の表記が見られるようになります。

二代目市川団十郎―役者の氏神 (ミネルヴァ日本評伝選)二代目市川団十郎―役者の氏神 (ミネルヴァ日本評伝選)
(2004/12)
田口 章子

商品詳細を見る


そうした中、江戸時代の歌舞伎役者として名をはせた
初代市川団十郎が最初は市川海老蔵を名乗っていましたが、
延宝3年 (1675年) から市川團十郎を名乗るようになり
延宝8年 (1680年) につとめた『遊女論』の不破伴左衛門が当たり役となります。
貞享2年 (1685年)には『金平六条通』の坂田金平を勤め、
それまでの初期歌舞伎にあった「荒武者事」と金平浄瑠璃の荒事とを加味した、
歌舞伎における荒事芸を完成させ、江戸で絶大な人気を得、
その後230余年にわたって江戸歌舞伎の頂点に君臨した市川宗家の基礎を築くことになります。

團十郎復活團十郎復活
(2010/03/26)
市川 團十郎

商品詳細を見る


現市川団十郎は12代目にあたります。
当代の実父11代団十郎の更にその実父は、7代目松本幸四郎で当代(9代目)松本幸四郎の祖父
つまり、現市川団十郎と松本幸四郎は従兄弟にあたります

ちなみに初代団十郎は45歳のときの元禄17年2月19日(1704年3月24日)、
『わたまし十二段』の佐藤忠信役を演じている最中に、役者の生島半六に舞台上で刺殺されたそうです。
また、8代目団十郎は嘉永7年8月6日(1854年9月27日)その美貌によって広い人気を集めたが、
32歳のとき突如として自殺するという衝撃的な最期を遂げています。

そういえばこのブログ内でこちらのサイトをリンクしてました。
参考までにごらんいただければ幸いです

近現代・系図ワールド梨園系図
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1513-a0c57bdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。