行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします


(昨日の続き)

宗教法人法でいう「宗教団体」とは、宗教の教義をひろめ、儀式行事を行い、
信者を教化育成することを主たる目的とする団体で、
礼拝施設を備える神社、寺院、教会、修道院、その他これらに類する団体をいいます(宗教法人法第2条)

また、宗教団体は、宗教法人法に規定する要件を形式的に具備するだけではなく、
現に団体としての実体を有し、社会通念上他の個人又は団体とは区別された
独自の活動を行っている団体でなければなりません

宗教法人となるためには、
宗教として広める「教義」があって、
教化育成する対象である「信者」がいて、
儀式や礼拝をおこなうための「施設」があって、
実態として活動してる団体でなければならないこととなります

宗教法人化の手続きは、上記の団体としての実態を証明する添付書類とともに
主務官庁にたいして宗教法人規則認証申請を行い
規則認証の後に法務局に対して宗教法人設立登記申請を行い
正式に法人化となります

文化庁HP、宗教法人設立手続の順序

「土俵」には神が宿っている、と言われますが
日本相撲協会が宗教法人となるには
どのような「教義」を誰に「教化育成」するのか
を明確にして、かつその活動の実態を明示しなければならないことになりますが
私の不勉強もあるのかもしれませんが
正直、宗教法人法でいうところの宗教団体としての実態はあるとは思えません

といった、ことから私の認識からみれば
日本相撲協会の宗教法人化は現実的ではないと思えます

やはり、日本相撲協会は当面まずは一般財団法人を目指す
その後時間をかけて公益財団法人をめざすということが
現実的な動きではないかと思います

くどいですが、私にはいつでも日本相撲協会のために
御協力する用意はありますので、
日本相撲協会の関係者の方、是非私のお声掛けいただければと思います


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1588-86a90396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。