行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

菅内閣で期待を裏切られたスリートップのうちの一人は
江田五月氏です。与党になってすっかり変わってしまったんじゃないか?
参議院議長といえば国権の最高機関の長
それを退任してすぐ後に行政府の大臣に就任するって
自民党政権でも私の知る限りでは、前例を知らない

江田法相「政権公約は(野党時に)心眼で作った」見直しへ

加えて、政権公約を簡単に反故にしようとする姿勢
政権公約は国民との契約であったはず
契約を一方的に破棄するばあいは相手側に損害賠償請求が発生する
江田氏は我々国民に対してどのように損害賠償してくれるのだろうか?

挙句の果てはこれである
江田法相の資金パーティー、大臣規範抵触か?

一応当人は否定しているようであるが
少なくとも、大臣の肩書の時に資金集めパーティーを行ったのは事実
600人のパーティーが大規模かどうか?
結婚式でも200人位を超えれば市民レベルでは大規模だよね

「大臣の肩書で券の販売をしていない、大規模ではない」だとさ。

やっぱり大臣になって大きな立派な建物で偉そうにしてると
人間は変わってしまうのだろうか?

江田氏が政府の大臣規範に違反していると見るのが
少なくとも私が考える常識的な判断だと思う

菅内閣は「政治とカネ」の問題に対しては厳しい姿勢ととるんだよね
であれば江田氏は速やかに大臣の職を辞するか
辞職を拒むのであれば、速やかに罷免すべきである



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1599-14e57c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。