行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

昨日の日経1面の記事から

日本に「高度人材」として入国を希望とする外国人の方に対して
一定の優遇を与え、高度な専門的な技能を持つ方の受入れの拡大を行うというもの

今回の受入れ拡大策の要旨は

①「医療・介護」や「情報通信」などで専門性を持つ外国人が対象とする
②学歴や年収、母国での職務経験などのほか、日本語の能力なども重視し、
一定以上の点数があれば政府が「高度人材」と位置付ける。
③一般の外国人に永住権を付与する際に現在では継続して10年の滞在実績を求めているが、
高度人材の場合は5年程度に縮める。
④一定以上の年収が見込める人材は、扶養する親や家事使用人を一緒に入国させることを認める

といったものです。
政府は2017年7月の導入を目指していて、
関係省庁などは政権交代などがあっても
必要な政策と位置づけていると記事では書かれています

拡大策の内容とは関係なのですが、結局政府って誰を指すんだろうか?
議院内閣制では政権与党を政府って言うのじゃないのって思ってたんだけど・・・


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1609-e2cfb847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。