行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

先の震災に伴い、
特定非常災害の被害者の権利利益の保全等を図るための特別措置に関する法律の
第3条第2項の規定に基づく法務省告示が3月16日になされ、
日本に在留する外国人の中の在留期間満了日が延長されることとなりました。

延長される条件としては

震災の発生時点で
ア 在留資格を有して在留している方
イ 在留期間が平成23年8月30日までに満了する方
ウ 「青森県の区域,岩手県の区域,宮城県の区域,福島県の区域又は
  茨城県の区域(以下「特定区域」という。)にいた方」又は
  「外国人登録法第4条第1項の規定による登録を受け,
   同項に規定する外国人登録原票に登録された居住地が特定区域に在る方」

の条件を満たす方が対象となり、その方の有する在留資格の在留期限が8月31日まで延長されます

例えば、震災発生時に茨城県で外国人登録をしていた方で
短期滞在90日の在留資格で滞在していた方が、
在留期限が3月21日であった場合、
その方の在留期限は8月31日となります。
その場合、8月31日を超えて日本に滞在しようとする場合は、
8月31日までに在留期間更新許可申請を行わなければなりません。

あくまで、上記の3つの条件を満たす方のみが対象となりますのでお間違いのないように

詳しい内容は東京入国管理局のHPをごらん下さい

東北地方太平洋沖地震災害に関する入国管理局からのお知らせ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1620-7572f43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。