行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

通常、自動車の新規登録や移転登録の手続きには
前所有者、新所有者の委任状や譲渡証明書への実印の押印と共に
印鑑証明書の添付が必要となります

しかし、今回の震災で一部の自治体では
市町村役場の機能自体が打撃を受けたことにより
通常の窓口業務としての印鑑証明書や住民票の発行自体が
非常に困難な状態となってしまった例も見られます

そこで、一部自治体に住所を置く方に対しては
自動車の新規登録や移転登録において
下記の通りの特例処置がなされることになりました

以下抜粋
-----------------------------------------------------

1. 適用地域
岩手県(陸前高田市、大槌町、釜石市、宮古市)
宮城県(石巻市、気仙沼市、亘理町、山元町、七ヶ浜町、女川町、南三陸町)
福島県(新地町、南相馬市、川内村、富岡町、双葉町、広野町、楢葉町、
大熊町、浪江町、葛尾村)

2. 提出書類の特例
所有者(移転登録においては新所有者のみ)が、適用地域に住所を有し、印鑑登録
証明書の取得が困難な場合、以下をもって、当該所有者に係る印鑑登録証明書の
提出及び実印の押印に代える。
① 所有者本人からの申請の場合
・所有者の申請書への署名
・本人確認書面(登録事項等証明書交付請求の際に求める身分証明書:免許証等)
 の提示及び写しの提出
② 代理人による申請の場合
・所有者本人が署名した委任状
・所有者の本人確認書面(登録事項等証明書交付請求の際に求める身分証明書:
 免許証等)の写しの提出
・代理人の本人確認書面(登録事項等証明書交付請求の際に求める身分証明書:
 免許証等)の提示

3. 印鑑登録証明書の後日確認
 上述特例措置により登録が行われた場合、後日、直近の登録等申請の機会にお
いて、当該所有者の印鑑登録証明書の提出を求め本人確認するものとする。

4.備考欄への対応
この通達により印鑑登録証明書に代わる書面で登録を行った場合には、自動車
検査証の備考欄に以下の記載を行う。ただし、後日印鑑登録証明書が確認出来た
場合には、同記載を削除するものとする。
(備考欄記載内容)
「◆平成23 年東北地方太平洋沖地震の影響により、登録令第16 条に基づく印鑑
登録証明書の確認ができておりません。」

------------------------------------------------------------------------

国土交通省の関連サイト→こちら



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1635-fc4ad1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。