行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

脱原発依存「私個人の考え」と菅首相=閣僚、唐突表明に懸念も

おととい、トーンダウンすることがないように
ただただ願うばかり、と言っていた矢先にもうトーンダウン?

首相が記者会見まで開いて表明した大きな政策転換
これは普通は個人の考えではなく、一国のリーダーが
政府をこのように導いてゆくという決意表明であり
政府としての方針に他ならないのではないか

もし閣僚の中で反対するものが居るのならば
その閣僚を罷免して、進むべきなんじゃないのかなあ

まさかたった2日後に「個人の考え」って変わってしまうのならば
脱原発なんてわざわざ記者会見まで開いて発言するなんて浅すぎる・・・・
結局こういう姿勢が政治不信の大きなもととなっていることが
なぜ分からないのかなあって言ってもしょうがないけど

まあ、「個人の考え」は首相が直接カメラの前で言ったのではなく
閣僚の伝聞なので、真実が違うことを願うばかり


こう考えると小泉元首相は本当に素晴らしかったです
政策そのものに対する賛否は別にして
郵政民営化を実現すると表明し、
反対意見には断固とした姿勢で臨み
最後は国民世論の支持を背景に改革を実現する

菅首相は本当に脱原発を柱とする
エネルギー政策の転換を実現しようとするならば
反対する意見には断固とした姿勢で臨み
従わない閣僚は罷免し、世論を味方に付けるような
具体的な方向を示すべきである

もしそれが出来るのであれば
ただ単に地位にしがみついている権力の亡者ではなく
歴史の残るリーダーになれるのではないだろうか

基本的には私は菅総理は支持していないが
もしエネルギー政策の転換でリーダーシップを示せるのならば
きっと、考え方を変えるだろうと思う。が、今はその可能性はなさそうだ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1734-3408c0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。