行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

以前触れたことがある女子高生見学クラブもそうですが、
次から次へと出てくる新手の営業に関し、
業界関係者の発想の柔軟さにある意味の敬意を感じます

「胸を押しつけマッサージ」 風営法違反容疑で密着エステ店を捜索

記事によると密着エステとは、

『オイルにまみれた「セラピスト」と称する水着姿の女性店員が、
 胸や太ももを使って店内の個室で男性客にマッサージするなどのサービス』

とのこと。そのほかにも、水着エステ、洗体エステなどと証して同等の
営業を行っている店舗が多いらしい。行ったことないし、近所にもないので
実態としては正直言ってよくわかりませんが(笑)

風俗営業法第2条第6項第2号には店舗型性風俗特殊営業の一類型として
「個室を設け、当該個室において異性の客の性的好奇心に
            応じてその客に接触する役務を提供する営業」

が同法の規制の対象となる営業と規定していて、結局、ここで問題となるのは、
上記密着エステの行為が、法令のこの号に該当するか否かです。

風俗営業法は、店舗型性風俗特殊営業を行うためには、管轄する公安委員会に
営業の届出を行わなければならないとし、同時に営業できる区域を規制しています。
しかし、逆に店舗型性風俗特殊営業に該当しなければ、風営法上の規制は
受けることなく営業できることとなり、その意味でこの密着エステの提供する役務が、
「性的好奇心に応じて」になるか否かは非常に重要な要素となります

今までは、この当該客の性的な感情に応えてという趣旨は解釈運用基準の
「性的好奇心に応じて」とは、当該客の性的な感情に応えてという趣旨である。
したがって、通常のマッサージ等は、同号の営業には当たらない。』

との記載から、当該役務が射精を伴う、若しくは客の性器に触れる、直接刺激するなどの
サービスがあるか否かをその境目、判断基準としていたといわれていました

もし、単に体に触れるだけでも摘発の対象にしてしまうと
通常のマッサージやエステも施術の方法で性風俗店となってしまうし
また、性的好奇心は個人差があり、いわゆる耳かきエステでも性的好奇心をそそる
として性風俗店と解釈されかねません。あまりに広く解釈が広がってしまう恐れがあります

実際今回の警察の動きがどのようになるかは今後の動き次第で
最終的な司法の判断がどのようになるかも含めて今後の動きを見るしかありません

関連ニュース
性的・洗体エステ店、都内初摘発 経営者ら男女3人逮捕 警視庁


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1773-848ab26d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。