行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

鉢呂吉雄経済産業大臣が自身が行ったとされる発言の
責任を取って辞任しました
一つが福島第一原子力発電所周辺の市町村を視察後次のように語ったとされること

「福島の汚染が経産省の一つの原点と捉えてそこから出発すべきだということを感じた。
 事故現場の作業員、そしてまた管理している方々は予想以上に前向きで明るく活力を
 もって取り組んでいる。
 残念ながら(原発)周辺の市町の市街地は、人っ子一人いない。
 まさに死のまちという形だった。私からももちろんだが、
 野田総理からも『福島の再生なくして、日本の元気な再生はない』と、
 これを第一の柱に野田内閣としてやっていると至る所で話した。」

死の町とは、ゴーストタウンの日本語訳とされ、このゴーストタウンという単語の意味は
今まで人が住んでいたが誰も人がいなくなってしまった町、という意味らしい

ていうことは、別に正しい表現を用いただけでどこが問題なのだろうか?


もう一つが議員宿舎で報道陣の一人に防災服の袖をつけるしぐさをし
「放射能をつけてやろうか」と発言したといわれていること
こちらについては、この報道陣の一人が出てこないことや
鉢路氏自身が正確に記憶していないということで
発言自体がどこまで本当だったのか正確には分からない

二つ目の方は事実関係が分からないので何も言いようがないが
一つ目の方は糾弾されるべきは、原発を維持運営してきた人たちも同罪ではないか?

正直言って何で辞任するのかよくわかりません
まあ、あえて言えば色々と批判されることに対して
毅然と対応してゆくだけの自身も信念もないということなのだろうか
であれば、むしろ早い段階で大臣などという重責には
そもそも付くべき器量のもちぬしではなかったということなんだろうなあ

記者会見の映像を見るとそんな感じがします




この一連の事柄について、マスコミをはじめとした
言葉狩りみたいなこともう止めにしてもらえないかなあ

政治家の仕事の評価は、何を言ったかもそうだけれども
それ以上に何をやったかじゃないだろうか

今回の辞任劇について
郷原信郎氏の意見がとても参考になりました
「鉢呂経済産業大臣辞任」の不可解

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1792-66bac580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。