行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

2015年に「大阪都」 維新の会、ダブル選公約固める

大阪維新の会が11月の頂上決戦、
大阪府知事、市長のダブル選挙にむけて
選挙公約を発表しました

具体的には、標榜している大阪都構想実現に向けての
提示するマニフェスト(公約)と、
大阪都構想の具体像や工程表をまとめた「推進大綱」
2013年度中に「都移行計画」をつくり、14年度に
住民投票にかけ、15年度に都への移行をめざす、というもの

新しいことをやろうとすると必ず否定的な意見を言う人が居ます
否定的な意見自体は自由だし、もしかしたらその否定的な意見が
正しいかもしれないから、意見をすることは別に構わないと思います

問題は、否定的な意見の理由なんだろうなと思う
どんな考えだって、完全無欠ということはないし
細かいところを取り出してみれば
そこの部分は間違ってるかも、という点はあるだろうと思う

でも、本質はそこじゃないよなって思います

まずは、その新しい意見が目指しているものが正しいかどうか
その考えを実現させることで、現状の何を変えようとしているのか

そこの評価が最初に来るべきだろうと思う
その考えが正しいのならば、その次にその手法で目的が実現できるのか否か

そういう評価がなされるべきだろうと思います

それらを評価する中で、もう一つ考えるべきは、現状との比較

新しい考え方の否定的な部分だけを見るのではなく
現状の状態のままでいいのか?
現状とどっちがいいかという比較が大事なのではと思います


とかく、今までにない新しいことをやろうとすると
批判や反対意見はたくさん浴びせられるものです
しかし、きちんとした信念と明確な目標を持った考えであれば
枝葉末節な批判などは大したことはない

国や組織のトップにはもっとこうした議論をしてもらいたいと思んですが・・・

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/1794-ace77daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。