行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

大河ドラマ篤姫の第22回

今回あたりから篤姫の表情がずいぶん変わったように感じます
老中阿部正弘に対して、
「自分の思うところを述べれば良いではないか」
と毅然として主張するところなどは、
今までの篤姫から一回りも二回りも大きくなったことを
表現しているのだと思います

後半では
ついに将軍家定が秘密を篤姫に明かしました
思うところがありわざと暗愚を装っていたというもの

徳川家はもはや日本を治める力が無いことを既に見極め
事と次第によっては自ら最後の将軍となる覚悟もあるというもの

くしくも一橋慶喜にたいする評価も
将軍家定と西郷吉之助の考えが一致していたところは
もしかしたら今後の展開をなにか暗示していたのかもしれません

しかし運命のいたずらか、西郷・大久保・小松ら薩摩を中心とする官軍に対し
ひたすら恭順の意を示す一橋慶喜と共に
篤姫は徳川家を最後まで支えることとなるのですが・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/588-36895e43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。