行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

大河ドラマ「篤姫」の第34回
井伊直弼が桜田門外で散り
幕府はその権威を取り戻すために
朝廷から将軍御台所を迎えることとしました

皇女和宮の降嫁です

当時和宮には
有栖川宮熾仁親王という許婚がいましたが
それを押し切って江戸へ下ってきました

その後、鳥羽伏見の戦いで勝利した官軍の
東征軍大総督として江戸へ凱旋
江戸城へ入城することになります

これも歴史の皮肉といったところでしょうか

篤姫と和宮は嫁と姑の関係になりますが
あまりその仲は良くなかったと言われています

しかしそんな二人は
官軍の江戸城総攻撃に際しては
力を合わせて総攻撃の中止に向けて活躍しました

倒幕後、和宮は一度京へ戻りますが
再び江戸へ戻り、若くして江戸で人生の最後を迎えます
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
宮の元婚約者・有栖川宮熾仁親王から高く評価され、勲章もらった無名の村長がいた。秋田の高橋正作。天保のききんで高橋正作は全私財を、なげうって食料を求め、村人を餓死から救った。時に院内銀山が燃料の炭不足で営業停止状態。正作は村人に炭焼きをさせ、銀山を復活。日本一の銀産出量を記録。文久3年、19歳の石川理紀之助が正作と出会い、人間の大きさに感激し、熱く師事。『村守る、命かけても 聖農・高橋正作・伝』秋田魁新報社TEL 018-888-1859
2009/04/06(月) 21:32:14 | URL | 農民 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/673-f0f8ce3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。