行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

明日は茨城県行政書士会の著作権基礎研修会

著作権の内容について講義を行いますが
その中でもプログラム登録について
講師を担当いたします

そこで今、講義の準備

著作権登録の特徴は
申請、審査、登録などの手続を一切必要とせず、著作物が創作された時点で自動的に付与される(無方式主義)が採用されていて、本来は何らの手続きを要せずに当然に権利が発生します

しかし一定の場合、権利関係を工事することにより正当な権利者としての推定を受けるための制度が整備されています

プログラムの著作物には、小説やその他の著作物とは別の登録制度が設けられており
必要に応じて
①創作年月日の登録
②第一発行(公表)年月日の登録
③実名の登録
④著作権の登録
を行うことが出来ます
通常の著作権の登録は文化庁で行っていますが
プログラム登録に関しては文化庁が指定した者に行わせることが出来るとされていて(プログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律)、現在は財団法人ソフトウェア情報センターが登録事務を取り扱っています

※プログラム
 電子計算機を機能させて一の結果を得ることが出来るようにこれに対する司令を組み合わせたもの(著作権法第2条十の二号)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/714-e891857f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。