行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

以前から何度も触れたないようですが
改めて「内容証明郵便」について触れてみましょう

この項目は今までも
研修会の講師等も担当させていただいておりますが
近隣の同業者の間では実はあまり扱われていない業務でもあります

内容証明郵便とは
内容証明とは?

簡単に言えば、手紙(通知書)の内容いつ相手方に出したのかを郵便局(公的機関)が公的に証明してくれる制度をいいます
内容証明を出すことによって、裁判等になったときに、意思表示を行ったことが証明され、有利な紛争解決が期待できます。

しかし意思表示の事実の証明以上に、内容証明の最大の効果は、相手方に心理的なプレッシャーを与えることがあります。
内容証明は、通常の郵便と異なって、受け取った相手が「これはただごとではない」「何とかしなければならない」という心理状態になります。

その心理的な圧迫を利用して、未回収の債権の回収を容易に行うことが可能といった効用があります。

事実、私の取り扱った事案でも、何度も交渉しても前に進まなかった債権回収が、内容証明一つ出したところ直ぐに回収できたという事例が何件もありました。

ただし、内容証明郵便には形式的なルールがあり、そのルールに沿っていないと受付で受理されないのでご注意下さい



内容証明は、法的なポイントを強く主張することで、相手方に大きな心理的なプレッシャーを与えます。


電話や口頭で主張していたことを、内容証明で出すことによって、相手方は大きな心理的なプレッシャーを感じ、話し合いに応じてくれたり、相手方との交渉が有利に展開することが多くあります。


--------------------------------------------------------------------------------






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/741-3a4554d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。