行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

大河ドラマ篤姫の第45回
鳥羽伏見の戦い
幕府は薩長軍の2倍以上の兵力がありながら
薩長軍は錦の御旗を掲げたことで
幕府軍は敗走、一瞬にして徳川幕府は賊軍となってしまいました

ここで将軍徳川慶喜は大阪城から逃亡し江戸へ逃げ帰ります
それから、慶喜は官軍に対してひたすら恭順の姿勢を貫きます
ここまでは史実として知られているところ

ドラマでは
慶喜は勝海舟の勧めで天障院と対面
天障院は慶喜に対してただただ生き抜いて
薩長に対して恭順の姿勢を取り続けるように指示

篤姫の心が通じた慶喜は篤姫の言いつけに従い
その後、恭順の姿勢をとったというのが今回のストーリーです
天障院がこういう形で役割を果たしていたのが
本当かどうか判りませんが
篤姫にとって、慶喜も同じ徳川の「家族」であるから
家族を守る為には、慶喜には安易に命を落としてもらっては困るという
ある意味新しい視点だと思いますね、ドラマとして

その後、明治に入り、慶喜は赦免され
明治の時代を一人の趣味人として生き抜き
大正時代まで生きることになります
徳川宗家は現在まで続いています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/760-d99d1b20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。