行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

午前0時から日の出までの間に
酒の提供を使用とする場合
居酒屋、カラオケボックス等その営業の形態を問わず
「深夜酒類等提供飲食店営業」の営業開始届けを
営業開始する10日前までに管轄する警察署に提出しなければなりません

風俗営業法では
善良は風俗の維持の為に
飲食店営業を営む者の必要な営業の規制を行っていて
その中で、深夜に酒類を提供する営業者の規制を行っています

「飲食店営業」とは
「設備を設けて客に飲食をさせる営業で食品衛生法第52条第1項の許可を受けて営むもの」で、「接待飲食等営業」又は「店舗型性風俗特殊営業」に該当するものを除いたものをいいます。
ここで、「設備を設けて」とは、客に飲食させるための設備を設けることをいい、屋台等で単に立食させるものは含みません。しかし、屋台でも卓やいすを設けて客に飲食させる営業は「設備を設けて」に該当します。

飲食店営業を営む者には、その営業を営むに当たっての禁止行為が設けられていますが
次回につづく
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/908-be0c4210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。