行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

大河ドラマ天地人の第21回
宴席で、けんか騒動を起こした兼続と三成は、席を抜け出し二人きりで話をするものの、
三成は、兼続に越後の民だけではなく、日本国の民を思うことが大事と語り、
秀吉はそのために天下人になろうとしているのだと話す。
兼続は、三成のその言葉に心を動かされるが、幸せは国が豊かになること以上に、
友や仲間がいることが大事だと持論を語る。
お互いにそれぞれに興味を覚え、二人は別れた。

その後、三成が再び兼続を訪ねてやって来る。
三成の相変わらずの横柄な態度に閉口する上田衆たちであったが、
その夜、兼続は帰ろうとする三成を引き留め、宴席を設ける。
仲間の上田衆や百姓たちと陽気に騒ぐ兼続に、三成は自分にはない兼続の良さを認め、
兼続への思いを改める。
このことがきっかけでお互いに認め合い、二人に友情が芽生えた瞬間であった。
その後、関ヶ原では上杉は三成に組し、その後の上杉の方向を決めることになるが
これはずっと後の話です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/948-d5b7d184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。