行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

フジサンケイグループを廻る確執を克明に記した一冊

メディアの支配者 上メディアの支配者 上
(2005/07/01)
中川 一徳

商品詳細を見る


フジサンケイグループを廻る確執というと
ライブドアのニッポン放送取得を廻る騒動が記憶に新しいところですが
じつはそれよりもっと激しい確執がありました

フジサンケイグループは鹿内信隆氏、鹿内春男氏といった
カリスマ的な経営者によって大きな発展を遂げました
フジテレビ現会長の日枝久氏はもともとフジテレビの社員でしたが
鹿内春男氏によって抜擢されたことが現在の地位の発端になっています

当時フジサンケイグループ議長であった春男氏は42歳という若さで急逝
前議長であった信隆氏の死後、鹿内家とフジサンケイグループを引き継いだ
鹿内宏明氏は日枝氏を先頭とするフジサンケイグループの経営陣による
クーデターでその地位を追われます

1992年、ちょうどその当時私は大学卒業後に就職した地元銀行を退職し
東京でフリーター生活をしておりました

フジサンケイグループの発生を
様々な鹿内家との確執を克明に記した大作

下巻もあります
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/954-0efbd462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。