行政書士 大庭孝志 の今日もステップ!!

ステップ行政書士法人で代表者をやってます。行政書士業務の色んなこと、趣味や日常生活のいろんなこと みなさまお付き合い下さい
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらをカチッとお願いします

大河ドラマ天地人の第26回

兼続は景勝に従い、大坂城で開かれた秀吉の茶会に出席。
秀吉は家臣にしようと兼続を誘うが、兼続は自らの主は景勝以外にいないと突っぱねる。
その後ふとしたことから兼続は景勝の遺言を読み、景勝の自分に対する信頼の深さを感じて、
その言葉を一生の宝とすることを誓う。

京都での役割を終え、帰国途上に、兼続は三成を訪ね、初音の無事を知り、
安堵、ただただ初音の幸せを祈り、会わずに京を後にする。

秀吉の妹旭姫を正室に迎えていた家康は
茶会でのいきさつを知り、上洛を決意することにする。
京での対面で秀吉は家康に上杉と同様に東国の守りを託すことに。
上杉と徳川、互いにけん制させる意図を抱きながら、愛用の陣羽織を与る。

次回は久しぶりにもどった越後が舞台となります。

余談ですが、漫画「花の慶次」によれば
前田慶次郎は兼続とは深い友情と信頼関係で結ばれ、
晩年は米沢に配置換えとなり、禄高も激減した上杉に仕官します。

前田慶次のキャステイングは誰なのか
結構興味があるんですが・・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oobaoffice.blog28.fc2.com/tb.php/984-ddfa5677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。